還暦プレゼント選び.com

還暦のマナー

年配の方のに贈り物をするわけですからそれなりに気を使わなければならない点もあります。ここでは還暦祝いのプレゼントだけなく、年配の方にプレゼントを贈る際のポイントを記載いたします。
熨斗(のし)の書き方
熨斗(のし)紙は蝶結びの”のし”を使用します。(固結びの”のし”ではありません)表書きは”還暦祝” ”祝還暦” ”寿” ”御祝”がよく使われます。下に書く名前は送り主の名前を記載します。例えば、坂本次郎さんから山田花子さんへのプレゼントの場合は坂本次郎と記載します。
連名の場合(3名まで)は、目上の人を右から順に名前を記載します。3名以上の場合は○○一同や有志一同のように記載します。肩書きを書く場合は、社名・役職名を名前の右上に小さく記載します。
避けた方が良いもの
本人から望まれない限り、下着や履物など敷いたり、踏みつけたりするものを贈るのはやめましょう。失礼にあたります。また、当然ですが長寿のお祝いですので、4や9の数字や意味が入っているものは避けましょう。プレゼントは赤いものにこだわる必要はありません。お店の人に還暦祝いなので赤色の包装紙でラッピングしてくれるように頼めばやってくれるところがほとんどです。
還暦プレゼントを贈る時期
還暦祝いの贈り物をする時期に特定の定めはありませんが、昔は還暦本来の意味である数え年61歳の年に贈り物をしていました。最近では満60歳の誕生日に合わせて贈り物をすることが増えいるようです。また、父の日・母の日・クリスマスなど何かのイベントの日に合わせてプレゼントをする方も多いです。お盆や正月で家族がみんな集まる時や家族旅行に行った時など皆さんそれぞれお祝いをする時期がありますので、その時に合わせて贈り物をするのが一番良いと思います。